にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

他の「鹿島系ブログ」をチェックする?
最近のニュース

2005年08月21日

2005年19節 ●鹿島1-2広島○(カシマ)


【08/20・カシマ・15,736人】
●鹿島1-2広島○
 前半(0-1)後半(1-1)
★主審
 江頭2:50
★得点
(広)44分:佐藤寿人(ガウボン)
(鹿)70分:アレックス・ミネイロ
(広)89分:前田俊介(服部公太)


★鹿島
(GK)|曽ケ端準
(DF)|内田潤
  |岩政大樹
  |大岩剛
  |新井場徹
(MF)|青木剛
  |フェルナンド
  |本山雅志
  |→71分(深井正樹)
  |リカルジーニョ
  |→61分(名良橋晃)
(FW)|野沢拓也
  |→61分(アレックス・ミネイロ)
  |鈴木隆行

★広島
(GK)下田崇
(DF)駒野友一 ジニーニョ 小村徳男 服部公太(警告65分)
(MF)茂原岳人(警告63・82分→退場) 森崎和幸(警告29分) 大木勉→76分(桑田慎一朗) ベット
(FW)ガウボン(警告36分)→76分(前田俊介(警告84分)) 佐藤寿人→89分(西河翔吾)

★ハーフタイムの監督のコメント
・しっかりコーチィングしてバランスを保つこと
・数的に不利ではあるが焦らず落ち着いて戦うこと。
・集中して45分戦い、まず1点を返していこう。
★試合後の監督のコメント
あと少しで勝って終われると思っていたが、あと一歩が足りず勝利で終われなかった。
前半立ち上がりは非常に良かったが、時間が経つにつれ、サイドに対する寄せが甘くなり、自由にボールを展開された。ガウボンに対しては前半自由にさせすぎてしまったし、我々の主体とするサッカーができなかった。
逆に10人になってからつなぐサッカーができ、青木、内田がサイドバックに入って良い攻撃ができていたが最後の最後で前半ロスタイムに失点してしまったのが今となっては痛手となってしまった。
後半は同点に追い付いて相手の退場もあり勢いが出てきた。逆点できると自信をもっていただけに最後の大岩の行為(退場)は非常に残念だった。
結果的に負けてしまったが10人で戦った時の方が内容的に良かった。最後まで戦ってくれた選手を讃えたい。



posted by 12本目の枝角 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
『日刊鹿島アントラーズニュース』のメルマガ始めました。わざわざこのブログにアクセスしなくても鹿島情報がお手元に届きます。取り敢えず登録してみてください。もちろん無料です。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。