にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

他の「鹿島系ブログ」をチェックする?
最近のニュース

2005年12月04日

2005年34節 ○鹿島4-0柏●(カシマ)


【12/3・カシマ・23,851人】
○鹿島4-0柏●
 前半(2-0)後半(2-0)
★主審
 西村雄一
★得点
(鹿)7分:野沢拓也(アレックス・ミネイロ)
(鹿)44分:アレックス・ミネイロ(本山雅志)
(鹿)53分:野沢拓也(小笠原満男)
(鹿)79分:本田泰人


★鹿島
(GK)|曽ケ端準
(DF)|名良橋晃(警告=63分)
  |岩政大樹
  |大岩剛
  |新井場徹
(MF)|小笠原満男
  |フェルナンド
  |→78分(本田泰人)
  |本山雅志
  |→68分(鈴木隆行)
  |深井正樹
  |→61分(増田誓志)
(FW)|野沢拓也
  |アレックス・ミネイロ

★柏
(GK)南雄太
(DF)薩川了洋(警告=88分) 波戸康広 永田充
(MF)小林亮(警告=62分) 大谷秀和 小林祐三→64分(柳澤隼) 大野敏隆→45分(宇野沢祐次(警告=89分)) 平山智規
(FW)矢野貴章→74分(李忠成) クレーベル(警告=56分)

★ハーフタイムの監督のコメント
前線から厳しくマークして攻撃を組み立てること
あせらず落ち着いてプレーし自分たちのサッカーをすること
後半45分集中して戦うこと
★試合後の監督のコメント
基本的に監督という立場上、あまり感動することはないが、今日に限って言えばサポーターの人に感動させられた1日であった。
他の会場の結果が気になってたかというよりも勝つことが全てなので、正直、他会場の結果はロッカーに戻るまで知らなかった。
最終戦、勝って終わることができた。リーグ戦最後の指揮だったが、これが集大成だとは思っていない。
欲を言えば、前半もう少しテンポを上げてもっとスコアを取りに行ってもおかしくはなかった。総合的に90分通してチームの内容は非常に良かったと思う。
監督としてのキャリアでのスタートとしては素晴らしい時期であったし、充実した6年間だった。支えられた環境も素晴らしく、カシマという場所、クラブハウス含め全体がファミリーということを実感した。
スタッフはもちろんのこと、サポーターの皆さんの一言一言が私にとってとても励みになった。今後については1回リフレッシュして、そしてまたサッカー界の仕事に携わっていきたい。
Q.本田選手のPKについて
彼のプロフェッショナルな姿勢は本当にすばらしい。最後に彼に対して何らかのの感謝の気持ちを込めたくて彼をピッチに送り出した。
(人生誰でもミスはある。私がこの6年指揮をした中で1つ後悔していることがある。それは、長谷川選手のラストゲームの日、私は勝ちたい気持ちが強すぎたことで彼を最後のカードとして使わず、本田選手を投入した。)


posted by 12本目の枝角 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
『日刊鹿島アントラーズニュース』のメルマガ始めました。わざわざこのブログにアクセスしなくても鹿島情報がお手元に届きます。取り敢えず登録してみてください。もちろん無料です。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。